大麦若葉青汁の効果で健康力アップを目指しましょう!
大麦青葉

青汁はその特性からきている味について、皆さんが受ける印象は一般的にあまり良いものではありません。

○例えば、一般的な青汁について以下のような経験をされた方は多いと思います。
・青汁は体にとって良いけど、美味しくないよな。
・青汁ってなぜ、そんなに青臭いの。
・青汁が飲めればもっと、もっと健康になれるかもしれないのにな〜。
・折角、青汁を大量に購入して飲み始めたのに、やっぱり三日坊主だった。
・青汁が良いって昔から聞くけど、結局なにが良いの?

そんな皆さんの疑問について、このサイトでは特に大麦若葉の青汁に特化した情報発信をしています。皆さん! 大麦若葉の青汁で健やかに!

最近の大麦若葉の青汁は、結構おいしいですよ〜



青汁の種類(タイプ)について


市販されている青汁には色々な種類があります。
自分の用途や味など好みに合ったものを購入するのが
青汁を継続することのできる秘訣です。
以下では、様々な種類の青汁のタイプを記載しています。
参考にしてみてください。


◯冷凍タイプ青汁
冷凍タイプの青汁は、作りたての青汁を液体のまま瞬間冷凍したものです。
なかには濃縮タイプの青汁を冷凍したものもあります。

【飲み方】
飲みたいときに必要な分だけ解凍して飲みます。
濃縮タイプは解凍後に水などで薄めて飲みます。


○粉末タイプの青汁
粉末タイプ(乾燥タイプ)の青汁。
この青汁は青汁を乾燥させた物を粉状に粉末にしたものが主流です。
乾燥工程を経る為に他の製法の青汁と比較すると栄養価が少し低いようです。

【飲み方】
水などの液体に粉末タイプの青汁を必要量溶かして飲むのが一般的です。
粉末タイプの青汁のメリットは長期保存に適している。
また携帯性が優れているので旅行などに青汁をもっていくことが可能です。


○フリーズドライタイプの青汁
その名の通り「フリーズドライ製法」で作られた青汁です。
フリーズドライタイプの青汁の製法も一般的なフリーズドライ食品などと同様です。
フリーズドライ製法の青汁は急速冷凍した青汁を真空乾燥して作ります。
その工程で熱処理を基本的に行わないので栄養素を熱で破壊することが少なく、
粉末タイプの青汁と比較すると栄養価を損なうことはありません。

【飲み方】
一般的なフリーズドライ食品と同じでフリーズドライタイプの青汁もお湯または
水を注ぎふやけたら飲み頃です。フリーズドライタイプの青汁も携帯性の面では秀逸です。


○錠剤タイプの青汁
一般的な錠剤の薬を思い浮かべてください。錠剤タイプの青汁も同様です。
青汁の成分を濃縮・凝固して錠剤にしたものですから非常に抵抗なく摂取することができます。
但し、青汁の成分を必要量摂取しようとした場合は、錠剤タイプの青汁を20〜30錠程度を
摂取する必要があるのが難点です。

【飲み方】
一般的な錠剤の薬と同様でお湯または水で飲みます。


いかがでしたか。
青汁の種類も千差万別。あなたに合った青汁で健康力アップ!






posted by 大麦若葉青汁マスター at 15:10 | Comment(0) | 青汁の基本情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青汁で認知症予防効果も!

日本の高齢人口の増加に伴い「認知症」が社会問題になってきています。

特に高齢介護のように、高齢者の方が身内の高齢者を介護することが
多くなってきているようです。

認知症と言っても症状はさまざま。
特に大変なのは、夜間徘徊ではないでしょうか。
本当に24時間介護は精神的にも、肉体的にも重労働。

とはいっても、認知症はいつ、いかなる人にもかかる可能性があります。
迷惑をかけないように日頃から認知症予防に努める必要もありそうです。

青汁に含まれ妊婦の皆さんにも有用な成分「葉酸」は、
認知症予防にも効果があります。


葉酸には認知症の原因となる血中のホモシステインという
アミノ酸を抑制する作用があります。
体の吸収が良い「青汁」で効率よく摂取しましょう。
posted by 大麦若葉青汁マスター at 10:00 | Comment(0) | 青汁の基本情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。